やる気スイッチ♪

「暑いなぁ… なんにもやる気になんな〜い… 」
ぐだぐだ ゴロゴロ しちゃうこともある昼下がりの私ですが〜 (*>∀<)

時々、ちょっとばかり気合を入れて
涼しい図書館まで行き ゆっくりと本巡り散歩をします 。.+゚+♪  

ジャンルにとらわれず足の向くまま気の向くまま… 
そして、偶然出会った本の中から6〜7冊選んで借りてきます。

そんな本の中の一冊が この≪ のうだま ≫.☆*。:゚

ちょっと??? な書名なんですけど
脳(のう)をダマしてやる気を出すコツ = ≪ のうだま ≫ っていうことみたい。

マンガ仕立てでサッと読みやすく面白い本だったのでご紹介しますね (*’v`)b

脳研究家・池谷裕二さんによると
私たちの脳の奥には淡蒼球(たんそうきゅう)”という蒼い玉が隠れていて
ここが活性化するとやる気や気合いやモチベーションが高まるそうです。

ただ、この“淡蒼球”は 
内臓や知覚と同じように自分で意識しても動かすことができない部位。
だからいくら「やる気出さなきゃ!」って頭で思ってもダメなんですって ^^;

でもね、外から上手〜く刺激を与えればスイッチが入って
やる気はどんどん出てくるそうですよ (*´∀')b

そういえば、
“見つけ〜てあげるよ〜♪ 君の〜やる気〜スイッチ〜♪”
以前こんなCМがありましたね〜  (笑)


淡蒼球を刺激するスイッチは4つ☆.+゚

★  カラダを動かす
★  いつもと違うことをする
★  ごほうびを与える
★  なりきる


通っているカイロの先生からも
リハビリの一環としてカラダと脳の関係もよくお聞きしているだけに
「うんうん!わかるわかる!なるほどね〜!」
今の自分と重なることも多くて 
ひとつひとつ納得しながら楽しく読むことができました○o。..:*

ツラい時こそ笑ってみる。
マンネリ化してきたらちょっと視点を変えてみる。
小さな目標をたて達成感を味わう。
なりたい自分を強くイメージする。

知らず知らずのうちに実践していることもあるけれど
年齢なんて関係なく諦めないでなんでも挑戦してみた〜い!!
そんな気持ちにさせてくれる本なので
興味のある方は読んでみてくださいね +゚。*(*´∀`*)*。゚+