読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

団子鼻の正体は!?

-家庭菜園

まだ6月になったばかりだというのに暑い!暑〜い!!
この数日、各地で記録的暑さだったようですが
まだ暑さに慣れていないカラダ… 体調を崩してはいませんか… (・∀・;)

「 そろそろ夏バテにも気をつけなきゃ! 」
そう思い始めた週末『 ジャンボにんにく 』の試し採りをしてみました。

昨秋、ホームセンターで
“ 臭いが少なくマイルドな風味 ”という大きなニンニクを見つけ
こんなにビッグなニンニクが畑で採れたら楽しいかも♪ 
と 初めて挑戦してみた野菜なんです。

手のひらサイズの大きなジャンボにんにく☆
初めて一本だけ試し採りしてみたら ちょっと気になることが…

一般的なにんにく(ホワイト6片)では見たことのない
愛嬌のある“ 団子っ鼻 ”のようなものがくっついているの!!

でも、それが妙に可愛く見えたものだから横顔的写真撮っちゃいました♪♪
 
それにしても… この団子鼻みたいなもの… なんだろう〜 

気になったので調べてみました d(≧∀≦*)

すると、ジャンボにんにくは、茎が枯れ始めて本収穫時期になると
たくさんの黄色いムカゴが出来て皮を破って出てくるみたいなんです。

たぶんこれはその一つ ☆.。.:*・

…で、試し採りのまだ若いジャンボにんにくの皮を剥いてみると
かわいいムカゴが出てきました ♪

この小さなムカゴは植えると
2〜3年後に本来のジャンボにんにくの大きさに成長するそうですよ。

「 もう充分な大きさだから 」と試し採りしてみたけれど
茎の状態やムカゴの数からすると…もうちょっと待った方がいいみたい…。 

でも、この調子で大きくなったら
収穫適期には どれだけ大きくなっちゃうのかなぁ〜 .゚(*゚Д゚*)゚.