NO.3 利尻島一周(西海岸にて)

旅行二日目。
この日は、ホテルのある西海岸をゆっくり南下しながら
反時計回りで利尻島を一周してきました。

ここは、ホテルから歩いても散策できる《 沓形岬公園 》。

早朝、部屋の窓から
一人乗りの小舟で次々に漁に出かける光景を目にしましたが
この時はすでに漁を終えた様子。

ウニの乱獲を防ぐため 早朝の一定時間に漁は決められているようです。

ちょうど戻ってきた船から ウニを取り出していました。
大漁だったのかな? みなさんニコニコいい表情をしてました (-^〇^-)

今日の夕食でもウニが食べられそうだわ〜♪
私も思わずにっこりでした(笑)

( これは後日に礼文島で見かけた光景なんですけど )

足で上手く舵を取りながら
大きなガラス箱で海底を覗き 長い棒のような道具で獲ってました。
きっとここ利尻でも早朝同じように獲っていたのでしょうね ☆.。.:*・

それにしても絶妙なバランス感覚ですよねー!!

6〜7月に比べ 見頃のお花は少なめとはいえ
あちらこちらでまだ楽しめました♪

ハマナスは赤い実になっているのが多かったです。

  ↑  キタノコギリソウ

  ↑ クルマユリ

  ↑ コウリンタンポポ残念ながらこれは外来種

ちょっとドライブをしていたら海岸に朱色の鳥居があり
海に突き出た《 龍神の岩 》に祠が立ってました。

《 北のいつくし天満宮 》
嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を
弁天様が救ったことを感謝して建てられたとか。

すぐ近くには 二つの奇岩もありました♪

海岸沿いにはよくありがちな奇岩ですけど…
上の二枚の写真の岩、なんの姿に見えますか〜??♪
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ↓


上が 《 人面岩 》 ハチマキをした横顔っぽい

下が 《 寝熊の岩 》   だそうですよ♪


《 麗峰湧水 》
利尻山に降った雨水や雪解け水が地中へ浸透し
30数年間の長い年月を経て地上に湧き出たミネラル豊富な水。

そういえば利尻ふれあい温泉でも
お風呂上がりにサービスで飲めるようになってました☆.。

海岸沿いでよく見かけた大きな鳥。

遠目で見ていたら普通のウミネコだと思っていたんですけど…

「あれっ!? ウミネコって足がピンク色だったっけ。。。!? 」

後で地元の方の話でわかったんですけど
背中が黒くて足がピンク色、そして黄色の嘴に赤いポチがあるのは
“ オオセグロカモメ ”だそうです (^0^)/


この2羽の鳥、
体も大きいし色合いも地味目だけどオオセグロカモメの幼鳥みたいです。
親らしい鳥が飛んでくると とても可愛い声で鳴いていました (*´ー`*)