読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO.4 活きウニ〜♪

●国内の旅

《 仙法志御崎公園(せんほうしみさきこうえん) にて ☆.。.:*・

ここは、利尻島の南側にある溶岩が形作った海岸公園で
駐車場も広く観光バスも立ち寄る風光明媚で気持ちのいいところです。

・・・と いいながら風景写真が あまり…ない……
ウニの写真ばかりになってしまいました (*>∀<*) 

午前10時頃に立ち寄ったんですけど
なんとラッキーなことに
まだ 地元の漁師さん家族が 朝獲ったばかりのウニを処理していて
観光客にも一部売ってくれていたんです♪♪

ここで活きウニを食べられるなんて思ってもいなかったので
本当に嬉しくて もちろん! 食べてきました )^o^(

エゾバフンウニ 一個 500円〜。大きいのは800円ナリ。

殻つきのままの活きウニは
濃厚な甘さがお口いっぱいに広がって最高に美味しかったです☆.。 

磯の香りと濃厚なウニの美味しさ♪
みなさんのところにもお届けできたらいいのになぁ…。o○。o○
こんな写真だけで本当にごめんなさい (。・・。)

一つ一つ丁寧に身を取り出して塩水できれいに洗ってました。
こちらのウニはきっと出荷するのでしょうね。

どのウニも身がふっくら美味しそう♪

そうそう!エゾバフンウニの漁は6月から8月までだそうですョ。
キタムラサキウニはまだ大丈夫みたいだけど
エゾバフンウニの旬にも間に合ってよかったー(笑)

10時半を過ぎ 作業もそろそろ終盤かな!?

作業小屋の屋根の上から 一羽のカモメが何かを狙ってる。。。

後片付けする漁師さんに気づかれないように
遠巻きからそーっとそーっと作業場に近づくカモメちゃん。

漁師さんがちょっと動くたびに
180度近くそっぽを向く様子が滑稽ですごく可笑しかったです♪

ウニの殻についた残りモノを食べたかったのかな?

この辺の岩場には天然の昆布もいっぱいでした!

いいお出汁が出る利尻昆布
最高級品として京都の料亭などで重宝されているそうです。

そんな昆布を食べて育つんだからウニも美味しいはずですよね ☆.。

利尻山には雲がかかってしまいました。

…が、ここ仙法志御崎公園で食べた活きウニの美味しさは
ずっと心に残るものになりそうです (◎´∀`◎)