読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO.6 伊吹山と梅花藻

●国内の旅

今年の11月は暖かく、雪不足のため
各地のスキー場で開業延期が相次いでいると聞いていましたが
昨日あたりから急に冷え込んで 一気に 冬到来!かな?
札幌では1日で44cm の 積雪を記録!!
11月としては62年ぶりの大雪となったようですね ^^;

ところで ☆
積雪量の世界最高記録 は 何処だか ご存知ですか ?

意外なことに、それは 日本。 
滋賀県岐阜県の県境にある伊吹山 なんですって!!  

昭和2年2月14日に記録した11.82m
ギネスにも登録されているそうですョ w(*゚o゚*)w

伊吹山は 滋賀県では最高峰となる標高1377mの山。

若狭湾からの北西気流と伊勢湾からの南東気流がちょうどぶつかるので
霧や雲が発生しやすく冬には大雪になることが多いようです。

そういえば冬になると
関ヶ原付近の積雪のため 東海道新幹線の遅延や運転見合わせ 」
のニュースが流れるけどこれって伊吹山が関与していたんですね。
名古屋に雪をもたらすのもその影響みたいです。

さて、今日は琵琶湖の旅最終日( 10月中旬頃 )、
伊吹山 での写真をアップしています ☆.。.:*・

この日は、彦根城に行った後 近江牛の昼食をとってから
伊吹山ドライブウェイでここ標高1260mのスカイテラス駐車場まで上ってきました。

そこには何故か
穏やかに微笑む“ 恋慕観音像 ”が 。o○。o○

スカイテラス駐車場から歩いて山頂を目指します♪

山頂に行くには登山道が二つあってパンフレットにはこう書いてありました。

○ 西登山道コース
( 山頂まで約40分。長さ約1,000m。緩やかな勾配です。 )
道幅が広く、傾斜が緩やかな北西斜面にあるため歩きやすい登山道です。

○ 中央登山道コース
( 山頂まで約20分。長さ約500m。急勾配ですが階段状の道です。 )
急斜面ですが階段整備が整っていて急げば15分ほどで山頂まで行けます。
バスガイドさんも
「皆さん、西登山道が楽ですからそっちのコースがいいと思いますよ。」
とおっしゃっていたので
迷うことなく楽だという西登山道コースで♪♪

ただ、歩き始めてすぐに気になることが…
西登山道コースって
ゴツゴツした石が敷き詰められている道で
一歩一歩すっごく歩きづらいんです。。。(-∀-;)

それにクネクネ曲がっている道なので
なかなか山頂が見えてこないし…
脚への負担を考えると何度か挫けそうになっちゃいました。

でもその度に
素晴らしい景色に元気をもらいながら 前進!前進〜!!!

所々でひっそりと咲いていたお花たち♪

やっと、山頂らしき所が見えてきた時はホッ 。o○。o○

ふと眩しさを感じて振り返ると
視界が開けてキラキラした琵琶湖が目に飛びこんできました。

山頂から見た琵琶湖は
湖面に神聖な光を浴びているかのように眩く
とても神々しく感じました (*゚゚∀゚゚*) 

以前、富士登山でご来光を拝んだ瞬間と同じような感激 ☆.。.:*・
やっぱり山って好きだなぁー♪

山頂はけっこう広かったです。

歴史的にも
古くは古事記日本書紀に登場する日本武尊ゆかりの山ということもあり
日本武尊像がありました。

下山は、違う道も歩いてみたいし時間短縮も兼ねて
急勾配な階段の中央登山道コースで♪♪

景色は西登山道コースの方が良かったと思うけど
整備された階段で距離も短かったのでちょっと楽な気がしました。

駐車場に到着ーする前に ちょっと記念撮影♪

私 「 わぁ!2人とも足が長ーい (笑)
友人「 あ…私の方が太って見えちゃう (笑)

光と影のイタズラかな!?
本当は彼女のほうがちょとだけ細いのです )^o^(

伊吹山のふもとには
美しい清流の残る《 醒ヶ井 (さめがい)という所があって
ここもちょっと散策してきました♪

水がとってもきれいでした o(^▽^)o

清流で水温が年間を通して14℃前後ある地蔵川は、
梅花藻 (バイカモ ” も有名。
7月から8月頃には小さな梅のような白い花を咲かせるとのこと。

今回は、時期的にお花はムリだと思うけど
せっかく来たんだから一花でもいいから見てみたいなー♪

そう思いながら歩いていたら
可憐な花が咲いているところを見つけちゃいました。 

本当に小さな可愛いお花♪
10月まで咲いてくれていてありがとう \(^o^)/




【 琵琶湖の旅シリーズ 完 】