読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三国志の聖地【武侯祠】

●海外の旅

f:id:abigreen:20170116113210j:plain

いま 若者を中心に映画やアニメなどの

聖地巡礼がブームだそうですね!

物語の舞台となった場所で

同じ空気を感じながら主人公に思いを馳せる旅は

ファンにとってこの上ない幸せ☆

きっと心に深く残る旅となるのでしょうね♪ 

f:id:abigreen:20170116113314j:plain

聖地といえば☆

先月 旅をしてきた成都は、パンダだけではなく

三国志ファンにとっての聖地でもあるんですョ d(゚∀゚ )!

f:id:abigreen:20170116113255j:plain

ということで♪

ツアーでは劉備諸葛孔明を祀る

人気観光地 “武侯祠(ぶこうし)” にも行きました。

今では、諸葛孔明を祀った武侯祠

劉備を祀った漢昭烈廟が併合されています。

ファン必見の場所♪かな?

f:id:abigreen:20170116113228j:plain

ところで皆さまは三国志の話をどの程度ご存知ですか!?

小説やゲームや漫画などで知り

英雄たちの生き様に熱烈なファンが多いようですが

実は…私は…

この地に行くまで名前位しか知りませんでした。。。

教養がなくて恥ずかしぃー (>_<)

でも!せっかくの機会なので

三国志 ”についてザックリとお勉強してきました♪♪ 

f:id:abigreen:20170116113537j:plain

三国志は、西暦180~280年頃の中国

天下統一をかけた戦いのお話。

政治が腐敗していた後漢王朝の時代

天下を取ろうとする人がたくさん現れ始め

いろいろあったようですが

その流れの中で頭角を現した英雄たちが築いた

(中国の北部)・・・ 曹操

(中国の南部)・・・ 孫権

(中国の西南部)・・ 劉備

この三国の興亡を描いたものを一般的に三国志というようです。

(※やがて蜀は魏に滅ぼされ、魏は臣下であった晋に乗っ取られ

  280年に晋が呉を滅ぼして3国が統一されます。) 

f:id:abigreen:20170116113519j:plain

中国南西部に位置するここ成都は、

劉備が築いた(しょく)の都”!!!

だから、三国志ファンの聖地の一つというわけです☆☆☆

   オーナメントのライン

 で♪  漢昭烈廟の奥

真正面に鎮座していたのは金色に輝く劉備様でした (*^^*)

f:id:abigreen:20170116113504j:plain

 蜀の国を築いた劉備(りゅうび)の塑像 

劉備は、蜀の初代皇帝。字は玄徳

人物眼が鋭く人を惹きつける魅力もある仁徳者で

劉備の周りには関羽張飛諸葛孔明等々

優秀な人々がたくさん集まってきたと言われています。

f:id:abigreen:20170116113450j:plain

⇈ 劉備に仕え沢山の業績をあげた関羽(かんう)の塑像 

 関羽は、後漢末期に活躍した武将。字は雲長

一騎打ちで向かう所敵なしの強さを誇る。

文武にたけた人。魏の曹操が恐れた男。

曹操の捕虜になった時 顔良を破り曹操に恩返ししつつも

劉備の軍隊に戻ってきたという古代における忠義の典型的な人。 

中国では人気が高く商売の神様となっているそうです。

f:id:abigreen:20170116114235j:plain

 ⇈ 劉備に仕え勇猛に戦った張飛(ちょうひ)の塑像 

張飛は、関羽と共に劉備を助けた武将。字は益徳

作戦の中ではいつも勇猛。『猛将』といわれていた。

彼の誠が金と石まで貫くほど堅いものである。

ただ、自由奔放で短気で酒飲みだったそうです。

f:id:abigreen:20170116113759j:plain

ここには他にも三国時代蜀漢英雄がズラリ!

反対側にも同じように並んでいて圧巻です。(´∪`*)

f:id:abigreen:20170116113736j:plain

 ⇈ 蜀の五虎大将軍として活躍した老武将 黄忠(こうちゅう) 

 老将軍ながらとても勇敢で

『老いてますます盛んな人』の代名詞とされている。

 弓の名手。

f:id:abigreen:20170116113719j:plain

 ⇈ 同じく蜀の五虎大将軍として活躍した 馬超(ばちょう) 

今でいうイケメンだったらしいですョ。 

 オーナメントのライン

 数々の塑像を見て

えーっ!?今まで抱いていたイメージと違う~~~!

とショックを受けている方もいるかもしれませんね…(笑)

f:id:abigreen:20170116113702j:plain

さて、漢昭烈廟を通り抜けると武侯祠(ぶこうし)があります。

諸葛孔明(武侯)を祀っている場所です。

f:id:abigreen:20170116113957j:plain

   ⇈ 蜀の宰相として活躍した諸葛孔明(しょかつこうめい) 

諸葛亮(しょかつりょう)ともいわれる。

劉備に仕え 蜀の国づくりに素晴らしい手腕を発揮した人。

劉備亡き後も劉備の子劉禅を宰相として補佐した。

頭がよく政治および軍事の天才。

『戦略』『知略』の天才として今も語り継がれています。

 

諸葛孔明劉備の出会いは

三顧の礼』として逸話で残っていますよね☆

オーナメントのライン

三顧の礼

貧しいけれど優秀な人物がいると聞いた劉備

孔明の住まいを訪れましたが1度目も2度目も

会うことができませんでした。

でも諦めずに3度目に訪問した時、

孔明劉備の熱意に感謝し仕えることにしました。

オーナメントのライン

その後、孔明の活躍などもあり劉備は蜀を築き

皇帝の座にまで登りつめることができたのですね(*^^*)

 

f:id:abigreen:20170116114023j:plain

三国志の逸話といえばもこの話も有名☆☆☆

オーナメントのライン

『桃園の誓い』

若い頃、意気投合した劉備関羽張飛の三人が、

宴会にて義兄弟の契りをかわし

“生死を共にしよう”と誓いあったというお話。

オーナメントのライン

この時から3人の堅い絆が築かれたのですね(*^^*)

 

f:id:abigreen:20170119075202j:plain

ここは、その三人を祀ったという三義廟です。

f:id:abigreen:20170116113933j:plain

掲げられている 『義重桃園』とは

桃園の誓いで生まれた義は重いということ。らしいです。

ここにもまた三人の塑像がありました。

f:id:abigreen:20170116113914j:plain

⇈ 劉備 ⇈

f:id:abigreen:20170116114245j:plain

⇈ 関羽 ⇈

f:id:abigreen:20170116113433j:plain

  ⇈ 張飛 ⇈

オーナメントのライン 

劉備関羽張飛、3人とも劉備殿にあった塑像とは

顔も雰囲気もずいぶん違いますねぇ…( ̄▽ ̄;)

桃園の誓いをした若い頃のお姿ということかな…!?

でも、こっちの方が人柄が表れていているような気がしました♪

f:id:abigreen:20170116114218j:plain

劉備のお墓『恵陵』に向かう途中の赤壁と竹林の道が

現在と過去を繋ぐ古のイメージで素敵でした♪

f:id:abigreen:20170116114200j:plain

三国志をよく知らない私が

ザックリとですけど学んできたことを書いてみました。

三国志ファンの方からすれば

ツッコみたくなるところがが多々あるかと。。。

素人の旅日記だと思って許して下さいネ  m(。≧д≦。)m

 

 ♡最後までお読みいただきありがとうございました♡