大きな一歩!♪

f:id:abigreen:20161125103653j:plain

手術を決めてきました☆

ここに至るまでずいぶん年月はかかりましたが

自分の心と向き合う時間を充分に持てたことで

今…心はとても晴々と明るく 穏やかです ☆.。○

 

今年、はてなブログに移行してからは

たくさんの方々が訪問して下さるようになり

病気のことはあまり書かなくなりました。

だから???の方も多いと思いますが

私のブログは、この病気と共にありました。

 

ブログ名の《 てくてく日和 》も

その当時の素直な気持ちからつけたものなんですョ。

 

今回、こんなことを記事にすべきかどうか

ずいぶん迷いましたが

その時々の気持ちを綴ってきたこのブログは

私自身にとっても 大切なもので…

大きな決断をした今のこの気持ちも

やっぱり書き留めておきたいと思ったのです。

 

 

2013年6月 / 4年前の記事から

一歩一歩

 

2年ほど前のこと。
仕事を休むわけにもいかず
毎日のように鎮痛剤を飲んで出勤してました。
とうとう薬は効かなくなり…
お医者様からは参考にと手術のしおりを手渡され…
やっとやっと自分の身体と

真剣に向き合うようになった私です

激痛で寝返りもできず天井を見ながら
「このまま寝たきりになっちゃうのかな…」って
不安で悲しくて・・・
ホント…お先真っ暗な時期もありました。

人工股関節の耐久性から考えると
手術するにはまだ若いなぁっていわれたけど…
痛みをとるためにはやっぱり手術しかないのかな?
今が決断の時なのかな?

そう悩んでいた時、ふと

病院の待合室で見かけた光景が甦ってきたんです☆

車いすに座ったまま

手も使わず両足で力強く床をけりながら
診察室に入っていく一人のおばあちゃまの姿♪

そっか!股関節が痛くて歩けなくても

膝から下は使えるんだ!♪
早速、足に車の付いたパソコン椅子で真似してみたら
痛みを感じず家の中をスイスイ移動できたんです☆

あの時は、もうそれだけで嬉しくて♪♪

でも、この頃は まだ1人では外出も出来なくて… 
お籠り生活の中でパソコン操作だけは上達し
お買い物はもっぱらネットスーパーのお世話になりました。

心配してくれる友達からもいろんな情報をいただき
ありとあらゆる股関節症に関するHP・ブログもよみました。

1軒目のカイロでは痛みが増し(痛くても筋肉を鍛えなさいと言われ)…
銀座の専門治療院まで通えるような状態ではなかったし…
車で通える範囲で 治療院のHPをいろいろ探して
自分なりに納得してわずかな可能性を信じて行ったのが
今も通っているカイロの先生のところだったんです。

ここでは毎回姿勢と歩き方をチェックしたうえで
トリガーポイント療法で痛みを和らげ
その都度合った体操も指導してくれます。

お蔭様でガチガチだった体も

足の先から頭の天辺まで柔らかくなり
股関節の可動域も徐々に広がって
いつのまにか心もおおらかになってクヨクヨしなくなり
更年期らしき症状もどこかにいっちゃいました (人´∀`).☆.。

まだ外出する時は杖を使っていますけど
家の中ではバランスのいい筋肉の使い方や

負担のない歩き方を意識しながら
杖なしで日常生活を送れています♪

進行性といわれる病気なので
これから先のことは私にもわかりませんが…^^;

でもでも、てんとう虫のように
一歩一歩 てくてく てくてく
先が見えなくなったらくるりと向きを変えて
また てくてく てくてく

傍から見たら無駄な動きをしているように見えるけど
迷いながらでも

一歩一歩動くことが大切なんじゃないかな…
って思うんです。

きっと  一歩進むたびに、 向きを変えるたびに
見えてくる景色が違ってくるはずだから…
そして強くなっているはずだから…

だから、手術をするか…しないか… 
まだ迷いがある時には

この二つからの正解をすぐに探すより 

今の自分にできることを一つ一つ探して行動してみると
自然と自分の進むべき道に繋がっていくような…
そんな気がします +.゚(*´∀`)b゚+.

 

  

 

私も、ホント久しぶりに読み返したのですが

誰かに語りかけるように書いてはいたけど

実は.....あの時、心を整えるために

自分自身の心と対話していたんだろうなって

そう思えます。

 

   自転車のラインボーダー 

 

自転車のラインボーダー 

 

お医者さまから手術を勧められて早6年。

その間、友人や家族やカイロの先生など

たくさんの方々に支えていただいたお蔭で

あの時から特に進行することもなく

心も病まずに楽しく過ごしてこれました。

 

趣味の講座やリハビリ兼ねたプチ旅行などでは

不思議と同じ病気の人に出会うことが多く

お話を聞かせていただいているうちに

少しずつ手術の方向に心が動き始めました。

 

医学も進歩し素材の耐久性も進み

患者に負担の少ない手術法により回復も早く

入院期間も短縮されてきたようです。

手術は、来年になってからの予定。

 

まだまだやりたいコトいっぱいあります!

だから… QOLのために

新しい一歩、踏み出します .+。(*´v`*)゚.+。* 

 

 

※今後、病気に関する詳しいことは

同じ病気で苦しんでいる方やご興味のある方向けに

今までの過去記事も移行しながら別立てで

“てくてく日和-PART2-” 作ろうかなとも思っています♪

 

 

 

 ♡ご訪問いただきありがとうございました♡